設備紹介

安心して治療を受けていただく為に、最新の設備をご用意しております。

レーザーについて

歯科治療の中でも、最先端の治療法と言われるレーザー治療。
その用途は幅広く、通常の歯石除去から、歯槽膿漏、歯肉の切開、歯茎の黒ずみ除去、口内炎、義歯の痛みの軽減など様々です。また、インプラント後のメンテナンスにも活用しています。当院の治療で使用するレーザー治療器は炭酸ガスレーザーおよび半導体レーザーです。

通常の歯石の除去

レーザー治療ではピンポイントに患部を治療することが出来ますので、従来よりも正確で安心の治療が行えます。治療の際の痛みが少なく、麻酔なしで行えることがあります。また不快な音や振動もないので、お子様や、歯科治療に恐怖心のある方でも比較的安心して治療を受けることが出来るでしょう。

歯槽膿漏、歯肉の切開

毎日のブラッシングで磨き残しがあると、歯の隙間や付け根に溜まった食べかすが歯垢(プラーク)に変わり、やがて唾液中のカルシウム成分と結びついて歯石となります。この歯石は歯茎の病気の原因となることが多いのです。さらに普段の歯磨きだけでは歯石は取ることが出来ません。もしも歯石が溜まってしまうようであれば、定期的に取る必要がありますが、その際も痛みや出血は最小に抑えられます。さらに歯茎に一定時間照射することにより、殺菌効果もあり、歯茎を鍛えることにもなります。

歯茎の黒ずみ除去、口内炎、義歯の痛みの軽減

メラニン色素の増殖などで、黒ずんでしまった歯茎に一定時間数回の照射することで、色素が薄まってきます。口内炎や口角炎などに対しても、一定時間数回の照射で目立たなくなり、やがて完治します。さらに義歯を装着した際に痛みを感じる場合にも効果があります。

炭素ガスレーザー

炭素ガスレーザー

半導体レーザー

半導体レーザー

TOPへ戻る

レーザー治療症例

1.乳幼児の上唇小帯切除の症例※小児も成人も所要時間は数分です。

初診時画像
上唇小帯の付着異常を主訴に来院された5歳の女の子。
将来的な影響としては永久歯になっても隙間が生じます。
レーザーで切除後
少し麻酔してレーザーでカット。痛みや出血はありません。
帰宅されてからも痛がることも無く過ごされました。
2週間後の来院時
綺麗になりました。

2.成人の上唇小帯切除の症例

成人の方も上唇の動きや、
審美性の観点から行います。

術前 術後

3.歯肉メラニン色素除去の症例

約2~3週の間に
数回レーザー照射いたします。

術前 術後
TOPへ戻る

その他設備

オートクレーブ
高圧蒸気滅菌器です。これにより、治療器具の清潔さを保ちます。


ホルホープ
常温・常圧で器具や器材を傷めることなく、
スピーディな殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器です。


スリッパ紫外線殺菌保管庫
当院入り口にはスリッパ殺菌機を設置しております。
光触媒加工の専用防臭スリッパを、紫外線で殺菌し格納しておく機械です。


口腔外バキューム・空気清浄機
口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵や金属の冠や入れ歯の調整などの際、切削屑が診療室内に飛び散らないようにすばやく吸引し、診療室内をより安全に清潔に保ちます。


デジタルレントゲン機器
デジタル処理によるX線被爆量が抑えられており、(小児レベルの最小限で行えます)多彩な画像処理により患者さんによりわかりやすく説明出来ます。
また、フィルム、現像液、廃液がなく環境に優しいのが特徴です。


電動麻酔注射器
電動注射器コンピューター制御により理想的な麻酔薬の注入スピードを実現した注射器です。電動の麻酔注射器は、手動で注射を行なう場合より細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に少なくなっています。


ピエゾサージェリー
超音波振動医療機器です。軟組織(神経、血管、歯肉など)にダメージを与えずに、硬組織だけを正確に処置することができます。超音波振動を利用するためドリルの振動や音による不快感を患者さんに与えることなく、安全な処置が可能になり、治癒も早くなります。インプラント、抜歯の処置などには特に有効です。

TOPへ戻る

診療日

アクセスマップ

アクセスマップ

所在地
〒 790-0952
松山市朝生田町6丁目1番26号
電車でお越しの方
伊予鉄横河原線いよ立花駅から600m
バスでお越しの方
  1. 松山市駅7番のりばから都心循環東南線で朝生田三丁目下車(約8分)
  2. バス停朝生田三丁目から徒歩300m